茨城県立日立第一高等学校
スーパーサイエンスハイスクール(SSH)第3期~科学的ディスカッションができるリーダーを育成するための研究~
普通科(文系/理系)/ サイエンス科(医学コース/医学系進学コース/理工系進学コース
 
 
トップページ > SSH・海外研修等> 日立一高SSHの計画 

SSH研究開発 課題名・目的・目標・概要


令和2年度 日立一高SSH 研究開発計画 (PDF)


1 研究開発課題名

 科学的ディスカッションができるリーダーを育成するための研究

2 研究開発の目的・目標

(1)目的
 本校は,日立鉱山・日立製作所の企業城下町に立地し,伝統的にこれらの企業で活躍する科学技術系の人材を多く輩出してきた。現在,産業のグローバル化が進み,日立市や地域産業おいてさまざまな取組が行われ,地域の企業・大学・行政等の支援を受けるなど,本校生に対する期待も高い。そのため,このSSHの取組を通して,将来,科学技術系分野で世界のリーダーシップを発揮する人材を育成していくことを目的とする。

(2)目標
 将来,科学技術系研究者を志望する生徒に対して,高校卒業時に身に付けておくべき能力(科学的リテラシー,数学的リテラシー,コミュニケーション能力等)を課題研究を通して確実に身に付けさせるとともに,好奇心や意欲といった研究者としての資質を身に付けさせる。特に,研究の過程において,しっかりとしたディスカッションをさせることにより論理的な思考力や表現力を重点的に育成する。

【目指す生徒像(Can-Doリスト)】
ア 日々体験する物事に対して好奇心をもって接し,疑問を見出し,問いかけ,答えを導くことができる。
イ 自然現象を,表現あるいは説明,予測することができる。
ウ 自然科学における,実験・推論の考え方が身に付いている。
エ 数学的な概念・手順・事実・ツールを使って事象を記述し,説明し,予測できる。
オ データを数学的に評価できる。
カ 基本的な科学的事実とその意味を理解できる。
キ ディスカッションの重要性を理解できる。
ク ディスカッションの仕方が身に付いている。
ケ ディスカッションによって,自分の論理が正しいのか,どんな修正が必要なのかを明らかにし,研究を深化することができる。
コ 好奇心,思考力,論理性,集中力,持久力,コミュニケーションの必要性への理解,野心など,将来,研究者として必要な資質が身に付いている。

3 研究開発の概要

(1)中高一貫校の特性を生かし,課題研究の指導に重点をおいた教育課程の開発
(2)プレゼンテーション能力やグローバル化に対応した外国語コミュニケーション能力の向上に加え,リーダーシップ教育や「知の理論(TOK)」のエッセンス導入によるディスカッションのできる生徒の育成
(3)茨城大学工学部等と連携し,大学での講義や大学での研究に必要となるスキルの先取りを実施するなど高大連携の強化
(4)日立製作所等の企業城下町である日立市の特性を生かした,地域人材の活用
(5)本校中高生によるサイエンスショーなどを通した,地域の小中学生に科学の面白さを伝える活動や,地元の理科教員等の授業スキル向上を図る公開授業の実施など,SSHの成果に係る情報発信機能の強化
 

SSH研究開発 報告

白堊研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ


日立一高オリジナルSSH科目(学校設定科目)

1 白堊研究Ⅰ
(1)目的
 「白堊研究Ⅰ」では,論理的思考力や表現力,探究心等を高めるとともに,研究の進め方など,基本的な研究のスキルを身に付けさせる。論理的思考等を身に付けるため,国際バカロレア・ディプロマプログラムの中核をなす「知の理論(TOK)」の中から題材を選び,学問的な厳密さについて学ぶ。また,幾つかのテーマについて実験・実習を行い「科学的な考え方」を育成する。自分たちでテーマを選び,研究の計画を立ててみる。これらの研修後,全員がテーマ研究を行う。サイエンス科生徒は2年次「白堊研究Ⅱ」で行う,課題研究のテーマを自ら探し,決定する。

(2)方法
 対象 : 高校1年次全員
 単位数 : 1単位
 実施時間 : 木曜日 7限
 展開 : 
  4月~8月 基礎スキル(クラス単位)
  9月~12月 探究活動(数学・化学・生物・地学各40名,物理80名)
  1月~3月 テーマ研修(サイエンス科80名,普通科40名×4教室)
  ※「探究活動」「テーマ研修」は,1班4人編成で行う。

<平成31年度/令和元年度>
平成31年度/令和元年度 白堊研究Ⅰ年間計画(PDF)

<平成30年度>
平成30年度 白堊研究Ⅰ年間計画(PDF)
平成30年度 探究活動テーマ一覧(PDF)

<平成29年度>
平成29年度 白堊研究Ⅰ年間計画(PDF)
平成29年度 探究活動テーマ一覧(PDF)


2 白堊研究Ⅱ
(1)目的
 「課題研究」を進めていく中で,研究スキルを向上させるとともに,主体的・対話的な学びを体験し,対話的な学びが,深い学びにつながることを実感させ,研究におけるディスカッションの重要性に気づかせる。併せて,生徒のディスカッション能力の向上を図る。そのため,グループで協働しての研究を行う。各グループには,高校の教員のほか,茨城大学工学部の大学院生をチューターとして配置し,適宜,生徒に質問するなどして,生徒自身に考えさせ,答えさせる機会を増やす。

(2)方法
 対象:サイエンス科2年次(2クラス)
 単位数:2単位
 実施時間:金曜日 5・6限
 担当教員:数学・物理・化学・生物・地学
 チューター:茨城大学大学院理工学研究科 8名
 (数学・物理・化学 各2名, 生物・地学 各1名)

<平成31年度/令和元年度>
平成31年度/令和元年度 白堊研究Ⅱ年間計画(PDF)

<平成30年度>
平成30年度 白堊研究Ⅱ年間計画(PDF)
平成30年度 白堊研究Ⅱテーマ一覧(PDF)

<これまでのテーマ一覧>
平成29年度 科学研究テーマ一覧(PDF)
平成28年度 科学研究テーマ一覧(PDF)
平成27年度 科学研究テーマ一覧(PDF)
平成26年度 科学研究テーマ一覧(PDF)
平成25年度 科学研究テーマ一覧(PDF)
平成24年度 科学研究テーマ一覧(PDF)
平成23年度 科学研究テーマ一覧(PDF)
平成22年度 科学研究テーマ一覧(PDF)
平成21年度 科学研究テーマ一覧(PDF)
平成20年度 科学研究テーマ一覧(PDF)


3 白堊研究Ⅲ (平成31年度より開講)
(1)目的
 論文作成の基本的なスキルを身に付けため,「白堊研究Ⅱ」で実施した研究をもとに論文を作成する。発表会で得られた知見や追試が必要な部分については,さらに実験等を行い,内容を修正する。アブストラクトについては,英文で作成し,研究論文集にまとめる。

 

スクールガイド・白堊通信

バナーリンク



日立第一高等学校附属中学校


日立一高同窓会白堊会


日立一高野球部

日立一高サッカー部 公式ホームページ
日立一高サッカー部


日立一高吹奏楽部


 
COUNTER952377
 
Copyright 2015 茨城県立日立第一高等学校 All Rights Reserved.