茨城県立日立第一高等学校
スーパーサイエンスハイスクール(SSH)第3期~科学的ディスカッションができるリーダーを育成するための研究~
普通科(文系/理系)/ サイエンス科(医学コース/医学系進学コース/理工系進学コース
 
 

地学部(令和元年度)


<部員数>
 1年生2名(男子1名 女子1名)
 2年生7名(男子6名 女子1名)
 3年生2名(男子2名)

<活動日・場所>
 週3日 本校特別棟地学室

<年間活動計画>
 5月 日本地球惑星科学連合大会
 7月 全国総文祭
 9月 千葉大学研究発表
 11月 総文祭予選・科学の祭典
 12月 地学オリンピック
 3月 茨城県高校生化学研究発表会
 

全国高等学校総合文化祭(2020こうち総文)

・茨城県 高文連 自然科学部研究 発表会(土浦第三高等学校)(11月2日)
 令和元年11月2日(土),茨城県高文連自然科学部研究発表会が行われ,地学部が参加しました。
 会瀬海岸についての研究発表を行った結果,地学部門の最優秀賞を受賞することができ,
 来年開催される第44回全国高等学校総合文化祭(2020こうち総文)に出場することになりました。



 

全国高等学校総合文化祭(2019さが総文)

・第43回全国高等学校総合文化祭(2019さが総文)出場
 地学部が,第43回全国高等学校総合文化祭(2019さが総文)に出場しました。

   期日:令和元年7月27(土)~29(月)
   場所:国立佐賀大学(佐賀県佐賀市)

感想:
 私たち地学部は,7月27日から始まった第43回全国高等学校総合文化祭(2019さが総文)の自然科学部門研究発表(地学部門)に出場しました。巡検研修では有明海の干潟体験に参加し,研究発表では「会瀬海岸でみられた4年間の海浜地形変動とその要因について」のテーマで口頭発表を行いました。入賞することはできませんでしたが,他県の代表高校の発表は非常に素晴らしく,刺激を受けることができました。(3-A高土海都)
 

 

部活動の実績(平成29年度)

・地学部が総文祭2018への出場を決めました
 地学部が,2017年11月3日(金)に県立土浦三高で開催された平成29年度茨城県高文連自然科学研究発表会にて,研究発表部門ならびにポスター(パネル)部門において,最優秀賞を獲得しました。この結果を受けて,全国高等学校総合文化祭信州総文2018へ出場する予定となっております。
 受賞生徒氏名:磯部将義(2年)・川﨑剛(2年)・細谷隼世(2年)
            高戸海都(1年)・島野航輔(1年)
 受賞題目名:「茨城県会瀬海岸でみられた2年間の海浜地形変動について」
(平成29年11月17日掲載) 

・第17回白堊ネイチャースクールを開催
 平成29年8月11日(金)に,中学生を対象とした白堊ネイチャースクールを開催致しました。当日は,物理・生物・化学・地学・数学・英語の計6講座を開講し,本校の部活動所属生徒がティーチングアシスタントとして,実験の補助を行いました。詳細につきましては,以下のPDFをご覧下さい。
 第17回白堊ネイチャースクールの報告(PDF)
 (平成29年9月29日掲載)
 

部活動の実績(平成28年度)

地学部
・「高文連自然科学部研究発表会」にて
優秀賞を獲得しました。

 

スクールガイド・白堊通信

バナーリンク



日立第一高等学校附属中学校


日立一高同窓会白堊会


日立一高野球部

日立一高サッカー部 公式ホームページ
日立一高サッカー部


日立一高吹奏楽部


 
COUNTER927375
 
Copyright 2015 茨城県立日立第一高等学校 All Rights Reserved.