新着情報
白堊ニュース ・熱中症予防講話  6月19日(水)の6時限に本校体育館アリーナにおいて、熱中症予防講話が行われました。  講師におおたしろクリニックの太田代紀子先生(本校卒業生)をお迎えし、「熱中症を予防しよう」・「緊急時の判断と対応」についてご講演をいただきました。  「熱中症を予防しよう」では、熱中症のメカニズムや予防法・対処法について分かりやすくお話しいただきました。また、「緊急時の判断と対応」については資料をもとに症状の一覧や、判断・対応の仕方をお話しいただきました。  日常生活や部活動、学校行事などの際に役立てる内容を学ぶことができました。
白堊ニュース ・野球応援練習第1回  6月18日(火)の6時限に本校体育館アリーナにおいて、野球応援練習が行われました。  応援委員の主導のもと、吹奏楽部の演奏も加わり、校歌やチャンスパターンの練習を中心に行われました。最後に本校が発祥の「See Off」も練習し、全校生徒で飛び跳ねて、アリーナは熱気に包まれました。1年生、特に高入生にとっては初めてのことで最初は遠慮がちでしたが、歌詞カードや2・3年生の動きを見て、一緒に加わることができました。  次回は附属中生徒も加わり7月3日(水)に行われる予定です。
弓道部 ・国民スポーツ大会弓道競技出場選手選考会  北見悠翔さんが茨城県代表に決定 ・関東高等学校弓道大会茨城県予選会(個人競技)  男子個人 第1位 川股亮介  →第68回関東高等学校弓道大会(令和6年6月:栃木県宇都宮市)の出場権獲得   ・関東高等学校弓道大会茨城県予選会 兼 全国高等学校弓道大会茨城県予選会(団体競技)  男子団体 第1位 川股亮介 出町祐人 埜口蒼生 鈴木陽斗 北見悠翔  →第68回関東高等学校弓道大会(令和6年6月:栃木県宇都宮市)の出場権獲得   第69回全国高等学校弓道大会(令和6年8月:長崎県島原市)の出場権獲得
弓道部 ・関東高等学校弓道大会県北予選会  男子団体 第1位 鈴木廉杜 埜口蒼生 北見悠翔       第3位 川股亮介 三井航 相田丞玖  女子団体 第2位 山口紗季 酒向凜 皆川晴奈       第3位 越智美結 鎌田美怜 黒澤姫咲  男子個人 第2位 北見悠翔       第3位 埜口蒼生  女子個人 第3位 鎌田美怜
地学部 ・日本地球惑星科学連合(JpGU)2024年大会「高校生ポスター発表」  令和6年5月26日(日)、千葉県千葉市の幕張メッセで開催されたJpGU2024年大会の「高校生ポスター発表」に地学部2グループと白堊研究Ⅲ(サイエンス科3年次)2グループが発表者として、地学部1年次が観覧者として参加しました。  2024年大会は108件の申込があり、まずは審査対象発表が80件に絞られました。本校が応募した4件は、全て審査対象に選ばれ、26日のポスター発表を迎えました。  まずは、国際会議場(幕張メッセ)の広さや会場の大きさに、地学部3年次以外の初めて参加する生徒たちからは「すごい・・・」とつぶやきが漏れました。  受付を済ませて、自分たちのポスター掲示場所に向かうまでには、東京大学、京都大学をはじめとする大学の天文・宇宙・地球科学関連の研究室やJAXAや防災科学研究所、JAMSTECなどの研究所、天文・宇宙・地球科学関連の研究機材を取り扱うメーカーの展示ブースが並び、お昼ご飯の時間を削って、ブースを見学した生徒もいたようです。  13:45~15:15の発表コアタイムでは、時間前から終了後まで、時間を延長して、絶えず審査員をはじめとする研究者や...
地学部 ・第10回日本気象学会ジュニアセッション@オンライン  令和6年5月25日(土)13:30~16:30 本校地学室からオンラインで、第10回日本気象学会ジュニアセッションに、地学部2グループと白堊研究Ⅲ(空班)が参加しました。  地学部3年次 「河川流域の土壌による涵養機能と河川の氾濫の関係性について」  地学部2年次 「流水中の真砂土が流水の侵食力に与える影響」  白堊研究Ⅲ(空班) 「Sky Shutter Assistant」 というテーマで、リハーサル、口頭発表(5分発表・質疑応答2分)、ディスカッション(2分発表・質疑応答18分)で発表しました。  特に、後半のディスカッションでは、自分たちでも「この実験の説明でいいのかな?」「この実験データでは考察が上手く出てこないな・・・」と思っているところを、専門家の先生方が上手に質問してくださり、アドバイスをもらうことができました。
地学部 ・白堊祭~夜空の歩き方@プラネタリウム~  令和6年6月7日~8日の「白堊祭」で『夜空の歩き方 in 地学室』と題して、プラネタリウムの展示を行いました。今年度は、プラネタリウムと投影するためのドームを、段ボールで自作しました。既存の段ボールドームの作り方を、本校地学室にフィットするように自分たちで縮尺などを考え、設計図を作成。2回の模型作りを経て、8~10名が入れるドームを完成させました。設計の段階から組み立てまで、試行錯誤の連続でしたが、クラス企画の準備や研究発表会の準備と並行して、部員一丸となって頑張りました。
白堊ニュース ・白堊祭 一般公開  本日、6年振りの白堊祭一般公開が行われました。9時の開場前から長蛇の列ができ、多くの方々が来校してくださいました。  校内では教室にてクラス企画、特別棟では文化部による展示や体験などが行われました。体育館では午前中に吹奏楽部の演奏、午後に軽音楽部の演奏が盛大に行われました。中庭ローレル広場では、応援委員会の暑さに負けない熱い声援から始まり、書道部によるパフォーマンスも行われました。白堊劇場では演劇部による特別講演が行われました。  一般公開終了後、片付けののちに閉祭式を行い、仮装大賞・ポスター大賞・白堊大賞の発表がされました。  3,500名の方々に来校していただき、大いに盛り上がった一般公開となりました。ご来校いただき、ありがとうございました。
白堊ニュース ・白堊祭 校内発表  白堊祭初日の午後は、校内発表でした。各クラスや部活動によって様々なアトラクションやバザーなどが行われました。中庭ローレル広場では軽音楽部による野外コンサートも行われました。また、正門前駐車場では生徒が出店したPizarro・焼きそばパン・かき氷等の他に外部からの出店もあり、大変充実した食事をとることができました。  いよいよ明日は、一般公開となります。多くの方の来校をお待ちしております。
白堊ニュース ・白堊祭 開会式  6月7日(金)の白堊祭は、体育館アリーナでの開会式で始まりました。  オープニングムービーに続いて、書道パフォーマンスや有志による様々なダンスや演奏に仮装コンテスト、そして軽音楽部による野球応援曲から白堊祭オープニングソング「ポラリス」の演奏と、多くのイベントで盛り上がりました。
進路実績  現役合格者数  国公立大学 141名   私立大学 384名 医学部医学科合格者数  現役生 4名  既卒生 2名 ・令和6年度 国公立大学 入試結果(R6.5.10現在).pdf ・令和6年度 私立大学・大学校・海外大学・医学科医学科 入試結果(R6.5.10現在).pdf
白堊ニュース ・防災避難訓練  5月24日(金)に、大きな地震が発生したという設定の下、避難訓練が行われました。  避難訓練後、小圷副校長先生の講話があり、その後、引き渡し方法確認訓練を行いました。引き渡し方法の確認訓練では、「自力で下校する生徒」は学区ごとに帰宅経路の確認をし、「学校で待機する生徒」は待機する際の役割分担についての確認をしました。すべての訓練に真剣に取り組む生徒たちの姿が印象的でした。
SSHの計画・報告 ・SSH科目「白堊研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」について ・白堊研究Ⅰ (1)目的  「白堊研究Ⅰ」では、論理的思考力や表現力、探究心等を高めるとともに、研究の進め方など、基本的な研究のスキルを身に付けさせる。論理的思考等を身に付けるため、国際バカロレア・ディプロマプログラムの中核をなす「知の理論(TOK)」の中から題材を選び、学問的な厳密さについて学ぶ。また、基礎スキル研修で身に付けたスキルを実践するとともに、統計学講座を生かし、「日立市天気相談所データから法則性を見つけよう」という大テーマの下、データ解析を行う探究活動を行うことで、科学的な根拠を示しながら研究する力を育成する。これらの研修後、全員がテーマ研究を行う。  テーマ研修では、サイエンス科生徒は2年次「白堊研究Ⅱ」で、普通科生徒は2年次「総合的な探究の時間」で実施する「課題研究」や「探究活動」のグループ編成やテーマ設定を行う。 (2)方法  対象:高校1年次全員  単位数:1単位  実施時間:木曜日 6限  展開:   4月~8月 基礎スキル(クラス単位)   9月~12月 探究活動(クラス単位)   1月~3月 テーマ研修(サイエンス科8...
野球部 紹介 <部員数> ※令和6年5月現在  1年生11名(男子9名、女子2名)  2年生14名(男子12名、女子2名)  3年生8名(男子8名) <年間活動計画>  4月 春季大会  5月 春季関東大会  6月 珂北大会  7月 全国高校野球選手権茨城大会  8月 全国高校野球選手権大会  9月 秋季大会  10月 秋季関東大会  11月 日立市内大会 部活動・委員会>野球部
バドミントン部 ・総体地区予選結果  令和6年度全国高等学校総合体育大会バドミントン競技県北地区予選会の結果を報告します。 5月15日(木)さくらアリーナ  男子ダブルス:   鈴木奏人・佐藤朔耶 第1位(県大会出場)   藤田健太郎・佐藤颯史 ベスト8  女子ダブルス:   鈴木杏奈・松﨑絢加 第2位(県大会出場) 5月16日(金)さくらアリーナ  男子シングルス:   鈴木奏人 第3位(県大会出場)   佐藤朔耶 ベスト8  女子シングルス:   鈴木杏奈 第3位(県大会出場)   松﨑絢加 ベスト8(県大会出場) 5月18日(土) 久慈サンピア日立  男子学校対抗:   準決勝   日立一 1-③ 多賀  女子学校対抗:   1回戦   日立一 ③―1 茨城キリスト   準決勝   日立一 2-③ 日立北   3位決定戦 日立一 ③-1 日立商業 (県大会出場)  3年生にとって最後の大会となる総体に挑みました。個人戦ではシード選手を破って、昨年度新人戦からのシード順位を上げたり、上位入賞を果たしたりすることができました。  男子学校対抗では惜しくも県大会出場を逃してしまい、悔しい思いをしましたが、女子...
バレーボール部(女子) 紹介 <部員数>  1年生5名  2年生9名  3年生4名 <活動日・場所>  週5日 本校体育館アリーナ <年間活動計画>  4月 関東大会県予選  5月 関東大会県大会  6月 総体県北予選  8月 夏季大会  10月 春高バレー予選  12月 新人戦 <大会等の実績>  令和6年度 関東高等学校男女バレーボール大会県北地区予選 準優勝(県大会出場)  令和5年度 茨城県高等学校男女バレーボール新人大会県北地区予選 準優勝(県大会出場) <ひとこと>  私たちは「文武両道」を目標に掲げ、日々限られた練習時間の中でも、目的や意図を持った練習を積み重ね、日々自分自身の成長を目指しています。  日立一高はとっても忙しい学校ですが、高校からバレーボールを始めた人や、サイエンス科に所属している人もいて、ホームページの写真のように皆で楽しく活動しています。  仲間が上げてくれたボールを一生懸命次につなぐバレーボールは、とても面白いスポーツです。少しでも興味をもってくれたあなた、ぜひ一緒にバレーボールをやりましょう。
医進ニュース ・メディカルセミナー「一高OB医師の学校訪問」  メディカルセミナー「一高OB医師の学校訪問」では、本校OBである日立総合病院臨床研修医 前原 巧 先生による講義を頂きました。着替えもできないくらいお忙しい中、時間を割いて来校して頂けました。  前原先生の高校時代、大学時代、研修医時代などの内容であり、とても貴重でとても現実的なお話を聞くことができました。参加した生徒からは、「今回の前原さんのお話で、医者を目指すための勉強法や大学以降のカリキュラム、医者になって思うことなどを詳しく知ることができました」、「勉強では、インプットもしますが、アウトプットの方により多くの時間を費やし、身になる勉強をしていこうと思いました」、「先生のリアルに思った大切な事も大変参考になりました」、「研修医生活については調べたことは何度かありましたが、あまりイメージができていなかったため、先生にお話していただいてとても参考になりました」、「勉強法や医学部での6年間の流れ、研修医になってからどのようなことをしていくのか、何が大事になってくるのかなど、とても詳しく知ることができました」など医師になるために...
白堊ニュース ・表彰伝達式・壮行会  5月15日(水)6時間目に本校体育館アリーナにおいて、表彰伝達式・壮行会が行われました。  表彰伝達式の後には壮行会が行われ、県大会で優勝し、インターハイ出場を決めた弓道男子団体、関東大会出場を決めた弓道男子団体、弓道男子個人、ソフトテニス女子個人、卓球男子ダブルスの選手たちの大会での健闘を祈り、応援委員の生徒を中心に全校生徒で応援しました。 ・令和6年度 第1回表彰伝達式(5月15日).pdf ・弓道部 ・卓球部 ・ソフトテニス部(女子) ・SSH・国際交流等
バドミントン部 紹介(令和6年度) <部員数>  1年生21名(男子16名 女子5名)  2年生7名(男子5名 女子2名)  3年生9名(男子5名 女子4名) <活動日・場所>  週5日・本校体育館アリーナ/学校周辺トレーニング <年間活動計画>  4月 関東大会県予選(学校対抗)  5月 総体県北予選  6月 総体県予選  8月 夏季地区大会(個人戦)  9月 秋季県大会(個人戦)  10月 新人戦県北予選  11月 新人戦県予選  2月 春季県北大会(学校対抗)
SSHニュース ・令和6年度科学講演会 @ 日立第一高等学校・附属中学校体育館  5月13日(月)5・6時間目「令和6年度科学講演会」が実施されました。ここ数年はコロナ禍の影響でオンライン実施だった科学講演会ですが、令和元年度以来、5年ぶりの対面実施で行われました。本来であれば、日立市民会館での実施予定でしたが、荒天により、急遽、本校体育館での実施となりました。  国立研究開発法人 情報通信研究機構 電磁波研究所の研究マネージャーである長妻 努先生を招聘して「New Space時代を迎えた宇宙天気予報」というテーマでご講演いただきました。専門的な内容を丁寧にご説明いただき、時には「平磯」や「常磐線」、「石岡」など茨城県に関係する話題を織り交ぜながらお話いただきました。体育館の床に座っての講演を拝聴する形となりましたが、生徒たちはワークシートやタブレットにメモを取りながら、真剣に講演を聴いていました。  質疑応答の時間には、中学生と高校生の双方から手が挙がり、講演内容についてだけでなく、自分で講演内容について調べるための方法や「研究者として生き残るには?」など自分の進路に関する内容など多様な質問がありま...
吹奏楽部 ・第50回定期演奏会 大盛況のうちに終了しました  5月4日(土・祝)、シビックセンター音楽ホールにて「日立第一高等学校・附属中学校吹奏楽部第50回記念定期演奏会」が開催されました。当日は良く晴れ、開場前からたくさんの方にご来場いただきました。座席の空席がなかったり、立ち見をしていただいたりなど、ご迷惑をおかけした部分もありましたが、800人を超えるお客様に私たちの演奏を聞いていただくことができました。昨年の大盛況を超える大大大盛況で50回という節目を迎えられたことは、日頃から私たちを支えてくださる皆様のご支援あってこそ…です。  三年生の半数近くが引退し、寂しさと不安もありますが、学校行事も夏のコンクールも精一杯楽しみつつ努力してまいります。新体制となった吹奏楽部のご支援、これからもよろしくお願いいたします!!
吹奏楽部 紹介 <部員数>(令和6年5月現在)  1年生21名(男子6名 女子15名)  2年生11名(男子2名 女子9名)  3年生20名(男子8名 女子12名) <活動日・場所>  週5~6日 本校特別棟4階音楽室 他 <令和6年度活動計画>  4月 新入生歓迎「赤ブレ」中庭コンサート  5月 第50回定期演奏会(日立シビックセンター音楽ホール)  6月 県北地区高等学校音楽会     白堊祭  7月 野球応援  8月 全国高等学校総合文化祭「清流の国ぎふ総文2024」     茨城県吹奏楽コンクール  9月 東関東吹奏楽コンクール  10月 県高等学校総合文化祭音楽会  11月 日立市民音楽祭     アンサンブルコンテスト県北地区大会  12月 アンサンブルコンテスト県大会     校内クリスマスコンサート  3月 フレッシュバンドコンテスト <大会等の実績>(令和5年度)  ・茨城県吹奏楽コンクール   高等学校の部A部門:銀賞・次点  ・アンサンブルコンテスト県北地区大会   打楽器五重奏:優秀賞・代表   フルート三重奏:優秀賞・代表   金管七重奏:優秀賞・次点  ・アンサンブルコンテスト県大会   打楽器五...
JRC部 ・能登半島地震募金活動2  吹奏楽部からの依頼をうけ、5月4日(土)シビックセンターで行われた第50回記念定期演奏会にて、募金活動を行いました。  本校の能登半島地震の募金活動は2回目になりますが、今も地震の影響で苦しんでおられる方々へ何か少しでもできることを続けていけたらという思いから、今後も機会があれば継続していくことを決めました。  吹奏楽部の定期演奏会が大盛況であったこともあり、49,050円のご協力をいただきました。日本赤十字社に送ります。
地学部 ・令和6年度地学部~新歓@日立シビックセンター~  令和6年度の地学部は、3年次4名、2年次5名、1年次4名の計13名でスタートします。  活動場所は特別棟1階 地学室、活動日は月・水・木・金(発表会・イベント時は土日も活動)です。  令和6年度は、3年次の研究グループが第48回全国高等学校総合文化祭(清流の国ぎふ総文2024)の自然科学部門・研究発表(地学)の茨城県代表として出場することが決まっています。2年次、1年次も先輩に続こうと頑張っています。  地学部の活動は研究だけでなく、小中学生向けのワークショップの開発、天体観測、定期的なプラネタリウム鑑賞も行っています。令和6年度は、6月の白堊祭でのプラネタリウム展示に向けて、自作のドームの作成にも挑戦しています。  そんな地学部が、5月3日(金)に、新入生歓迎会を兼ねて、本年度のプラネタリウム鑑賞を日立シビックセンターでスタートさせました。この3月に卒業したOBも、たくさん参加して、楽しく、賑やかな新入生歓迎会となりました。
白堊ニュース ・クラスマッチ  4月26日(金)に晴天のもと、クラスマッチが行われました。  種目は、男子・女子バスケットボール、男子バレーボール、男子フットサル、女子卓球、男女混合ソフトテニス、男子パンポン、男女混合ドッヂボール、男女混合大縄跳びでした。  種目や競技規則、日程についても体育委員を中心とした生徒主体で企画・運営を行いました。  グランドには声援が響き渡り、生徒たちは楽しい一日を過ごすことができました。  なお、多くの写真は本校写真部からの提供です。
茨城県立日立第一高等学校長あいさつ   茨城県立日立第一高等学校 校長 磯邉 裕一    茨城県立日立第一高等学校のホームページをご覧いただき,ありがとうございます。  本校は,1927(昭和2)年に茨城県立日立中学校として創立し,平成29年に90周年を迎えた全日制単位制の高等学校です。1学年は普通科4クラス,サイエンス科(理数科)2クラス,平成24年に開校した日立第一高等学校附属中学校(1学年2クラス)を併設し,併設型中高一貫校となりました。  教育理念「高い志 科学する心 未来を拓く力」のもと,「高い志を持ち,優れた資質と豊な人間性を備え,社会の発展に貢献する人材を育成する」ことを目標に,科学教育と国際教育に重点を置いた教育活動を展開しています。  「国際教育」については,平成15年度から18年度まで,文部科学省からスーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール(SELHi)に指定され,それを機に開始した,茨城キリスト教大学との英語に関する高大連携講座や,英国のRoyal Russell Schoolで開催される模擬国連会議への生徒派遣など,様々な事業を行っています。さらに令和元年度からは,サイエンス科生の...
卓球部 ・第51回全国高等学校選抜卓球大会出場  令和6年3月に山形県で行われた第51回全国高等学校選抜卓球大会男子シングルスに、本校卓球部3年B組 吉岡悠人君が出場を果たしました。 ・男子卓球部より(3年B組 吉岡悠人)  今年2月に行われた、令和5年度茨城県高校卓球新人(個人)戦大会の男子シングルにおいて、全国高等学校選抜卓球大会の出場権を得ることができました。  3月21日から山形県天童市で開催された全国大会では、山形県代表、大分県代表の選手に勝ち、予選リーグを2勝0敗で勝ち上がりました。  決勝トーナメントでは石川県代表の選手に惜しくも敗れ、ベスト16の成績となりました。  全国レベルの選手との対戦は自分にとって大きな財産となりました。  これからはじまる、関東予選、インターハイ予選に向けて日々練習に取り組んでいきたいと思います。
学校経営計画表・自己評価表 本校の自己評価表についてはこちらからご覧ください。 ・令和6年度 県立日立第一高等学校全日制(単位制)自己評価表.pdf ・令和5年度 県立日立第一高等学校全日制(単位制)自己評価表.pdf ・令和4年度 県立日立第一高等学校全日制(単位制)自己評価表.pdf
学校経営計画表・自己評価表 本校の学校経営計画表です。 ・令和6年度 学校経営計画表.pdf ・令和5年度 学校経営計画表.pdf ・令和4年度 学校経営計画表.pdf  学校経営計画は、学校全体としての目標と体制の整備を目的として本校が策定したもので、下の自己評価を行う前提として、目標や評価項目等の設定を行うものです。
軽音楽部 ・講習会  4月22日(月)の放課後、本校視聴覚室において、株式会社ヤマハミュージックジャパン学校軽音楽部担当 森山賢志様、グレンミュージック代表 紅谷亮次様を迎えて、軽音楽講習会が行われました。ギター・ベースを購入する際の注意事項についての説明、ドラムクリニック等が行われ、部員は真剣に取り組んでいました。
軽音楽部 ・新入生歓迎コンサート  軽音楽部では、新入生への歓迎の意味を込めて、4月16日の昼休みに中庭において弾き語りライブを、4月17日の放課後に視聴覚室においてバンドによるライブを行いました。  来週、部活動登録があります。多くの新入生がいろいろな部活動に入って、充実した高校生活を送ってくれることを望みます。
白堊ニュース ・部活動紹介  4月10日(水)の5・6時限に本校体育館アリーナにおいて、新入生対象の部活動紹介が行われました。  応援委員会と15の運動部と15の文化部の発表があり、先輩方の実演や動画を交えた説明に、新入生はときに楽しく、ときに真剣に見学していました。  高校生活を送る上で、青春の1ページともなる部活動の選択は重要な要素であるので、じっくりと考えて選んで欲しいと思いました。
白堊ニュース ・対面式  4月10日(水)に本校体育館アリーナにおいて、対面式が行われました。  生徒会長の増田絢斗さん(附属中出身)の挨拶からスタートし、応援委員・チアリーダー、そして吹奏楽部の新入生歓迎のパフォーマンスがあり、最初は緊張していた新入生も一緒に飛び跳ねていました。  山井優希さん(東海南中出身)による新入生代表挨拶も初々しいながら素晴らしいものでした。新入生および在校生が楽しい高校生活を送れますように。
白堊ニュース ・入学式  4月9日(火)に本校体育館アリーナにおいて、令和6年度茨城県立日立第一高等学校・附属中学校入学式が執り行われました。  天気には恵まれませんでしたが、体育館には呼名された入学生の元気な返事が響いていました。  雨降って地固まるがごとく、入学生がしっかりと地に足をおいた学校生活が送れることを期待します。
白堊ニュース ・新任式・始業式  令和6年4月8日(月)に本校体育館アリーナにおいて、新任式・始業式が行われました。  新任式では、新たに23名の先生方を迎えました。  始業式では、磯邉校長先生の講話の後、年次担当の先生が発表されました。  令和6年度の日立一高での生活がスタートしました。
吹奏楽部 ・第50回記念定期演奏会のお知らせ  2024年5月4日(土)に日立シビックセンター音楽ホールにて、日立第一高等学校・附属中学校吹奏楽部 第50回記念定期演奏会を開催したします。  今年は記念すべき第50回ということで、オープニング曲を本校卒業生で2017年度全日本吹奏楽コンクール課題曲Ⅱ「マーチ・シャイニング・ロード」の作曲者である木内涼さんに委嘱作品として作っていただいています。  また、お客様からのリクエスト曲もいくつか演奏させていただく予定です!  部員一同、最高の演奏を届けられるよう精一杯練習していますので、是非お越しください!!  期日 2024年5月4日(土)   時間 開場 13:00 開演 14:00   場所 日立シビックセンター 音楽ホール
事務室より  ・就学支援金e-Shien登録者へのメール誤送信について(お詫び) 2学年・3学年保護者 各位  令和6年4月2日(火)、e-Shien 登録者の一部の方に対し、「収入状況届出」受付開始に関する案内メールの誤送信が発生しました。ご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。  「収入状況届出」に関しては、7月頃に受付開始予定となりますので、今しばらくお待ちいただきますよう、よろしくお願いいたします。  
・令和7年度教育実習の受け入れについて  2025年度(令和7年度)に本校での教育実習を希望される方は、次の各種ファイルをご覧ください。   令和7年度教育実習の受け入れについて.pdf   令和7年度教育実習申込書(メール仮申込).xlsx  ※ Excelファイルが正常にダウンロードできない場合は、メールにてその旨をお伝えください。   e-mail: tp@hitachi1-h.ibk.ed.jp(教育実習担当宛)
SSHの計画・報告 ・SSH研究開発報告   第4期(令和4年度~令和8年度) 第2年次(令和5年度) ・令和5年度SSH研究開発実施報告(要約) ・令和5年度SSH研究開発の成果と課題 ・令和5年度SSH研究開発実施報告書① ・令和5年度SSH研究開発実施報告書② ・令和5年度SSH研究開発実施報告書③ ・令和5年度SSH研究開発実施報告書④ ・令和5年度SSH研究開発実施報告書⑤ 第1年次(令和4年度) ・令和4年度SSH研究開発実施報告(要約) ・令和4年度SSH研究開発の成果と課題 ・令和4年度SSH研究開発実施報告書① ・令和4年度SSH研究開発実施報告書② ・令和4年度SSH研究開発実施報告書③ ・令和4年度SSH研究開発実施報告書④ ・令和4年度SSH研究開発実施報告書⑤   第3期(平成29年度~令和3年度) 第5年次(令和3年度) ・令和3年度SSH研究開発実施報告(要約) ・令和3年度SSH研究開発の成果と課題 ・令和3年度SSH研究開発実施報告書① ・令和3年度SSH研究開発実施報告書② ・令和3年度SSH研究開発実施報告書③ ・令和3年度SSH研究開発実施報告書④ ・令和3年度SSH研究開発実施報告書⑤ 第4年次(令和2年度) ・令和2年度SSH研究開発実施...
白堊ニュース ・令和5年度 卒業証書授与式  令和6年3月15日(金)に本校体育館アリーナにおいて、卒業式が行われました。  今年度は、日程が3月1日から変わりましたが、在校生が参加したことにより盛大に卒業式を行うことができました。  卒業生から、保護者と教員へのサプライズもあり心温まる式になりました。本当に卒業おめでとうございます。今後の活躍に期待します。
軽音楽部 ・卒業ライブ  令和6年3月18日(月)の放課後、視聴覚室において、軽音楽部卒業ライブが行われました。  1,2年生のバンド演奏後に3年生のバンド演奏と弾き語りがありました。  会場は大変盛り上がりました。 写真撮影 2年3組 佐藤 崚晟
・過去5年間の入学者の状況(志願先変更後) 年度 募集人員 特色選抜 一般入学(共通選抜+特色選抜) 募集人員 志願者数 志願倍率 募集人員 志願者数 志願倍率 R6 普通、サイエンス科162 12 14 1.17 162 184 1.14 R5 普通、サイエンス科162 12 22 1.83 162 242 1.49 R4 普通、サイエンス科160 12 21 1.75 160 217 1.36 R3 普通、サイエンス科160 12 14 1.17 160 229 1.43 R2 普通、サイエンス科161 12 16 1.33 161 216 1.34
進路ニュース ・中学社会・高校地歴公民 交流授業を開催! 【中高合同授業】  中学生と高校生の混成クラスを設定し、「日立のまちをより良くするにはどうするか」についてグループワークを行いました!  3月6日(水) 中3-1・高1-6    7日(木) 中3-2・高1-3 【中学生向け出張授業】  高校教員が、中学生の教室に足を運び、出張授業を行いました!高校の授業に興味津々の中学生たちは、集中して授業を受けていました!  3月12日(火) 中1-2 川久保担当 「ミニ地球儀で地理を学ぼう!」  3月13日(水) 中1―1 鈴木寛担当 「高校地理を学ぼう!~オセアニアを入口に~」
白堊ニュース ・「クラスマッチ」「白堊祭」「体育祭」が毎年開催に! 今年度までは 3年に2度)白堊祭&クラスマッチ 3年に1度)体育祭&遠足 のように実施していましたが、 来年度から 「クラスマッチ&白堊祭&体育祭」を毎年実施することになりました!! 前期生徒総会での全校生徒からの意見が反映され、今回の決定に至りました! (翌年度以降については、来年度の実施状況を踏まえ、検討を続けていきます。) 部活動・委員会>生徒会
文芸部 ・令和5年度文芸部後期の活動 ・2月22日(木)  白堊「記」3月号(今回は、「白堊輝」ではない特別版)が完成です。部誌は、卒業生に向けて作成したものです。  一部、一般の生徒向けにも配付しています。是非、ご覧ください。 ・12月26日(火)  他校との交流活動として、日立二高の文芸部を招いて一緒に活動を行いました。  内容は、句会(俳句創作後の相互批評)とリレー小説です。いつもの部活動と違った楽しさを味わえました。 ・11月26日(日)  秋の「文芸部校外活動」として、水戸の近代美術館「国吉康雄展―安眠を妨げる夢」と常陽資料館「山中庸子 絵画展」に行ってまいりました。  色鮮やかなイラストをきっかけに、後ほどそこから生まれたストーリーを創作しました。(詳しくは、白堊記3月号)。 ・10月31日(火)  「令和5年度茨城県高等学校文芸部中央大会」が水戸青少年会館で行われました。  本校生は、短歌の部の司会を担当したり文芸部誌の部会に参加してアドバイスをもらったりしました。  コロナ禍後4年ぶりに全体会だけでなく、各部に分かれての活動が出来ました。  大会結果  散文の部   最優秀...
生徒会 ・「クラスマッチ」「白堊祭」「体育祭」が毎年開催に! 今年度までは 3年に2度)白堊祭&クラスマッチ 3年に1度)体育祭&遠足 のように実施していましたが、 来年度から 「クラスマッチ&白堊祭&体育祭」を毎年実施することになりました!! 前期生徒総会での全校生徒からの意見が反映され、今回の決定に至りました! (翌年度以降については、来年度の実施状況を踏まえ、検討を続けていきます。)
野球部 ・小学生野球教室を開催しました!  1月27日(土)・2月17日(土)の二日間、地元の小学生野球チームへの野球教室を開催しました!  今回は、「打つ」「投げる」などの技術だけでなく、小学生が正しい体の使い方やケガの予防について学べるよう、工夫を凝らしたメニューを本校野球部員が作成しました!  1月27日(土)磯原スポーツ少年団  2月17日(土)諏訪スポーツ少年団
医進ニュース ・メディカルセミナー「いのちの学習会」  日時 令和6年2月13日(火) 13:30~15:00  対象 医療従事者全般(医師、薬剤師、看護師、放射線技師など)を志望する高校1・2・3年次生 23名  メディカルセミナー「いのちの学習会」では、筑波大学医学医療系消化器外科 講師 高橋 一広 氏による「臓器移植について」というテーマで講義とグループワークを行いました。  参加した生徒からは、「臓器移植は、言葉は聞いたことがあっても、詳しくはあまり知らなかったので今回のセミナーを通して様々な面から学べたのでよかった」、「これから日本の臓器移植がもっと進み、渡航移植などの問題が改善されていけばいいなと思いました」、「人の命が関わるので簡単に扱っていい話題でないことは定かですが日本は臓器移植に関してもっと理解と関心を持つべきであると思うし、それが課題であると感じました」、「自分の身に何かあった時、家族に臓器提供の選択で悩ませないために生きているうちに意思表示をしたり、家族と相談することはとても重要なことだと思いました」という感想をもらえました。  生徒共々、本当に有意義な時間を過ごすことができ...
SSHニュース ・茨城県立日立第一高等学校・附属中学校 スーパーサイエンスハイスクール成果発表会  令和6年1月31日(水)に、SSH成果発表会を開催しました。  内容は以下の通りです。 <午前>  開会行事、SSH研究報告、「白堊研究Ⅱ」インデクシング 於)日立市民会館   <午後>  中学2学年「サイエンスリテラシー」ポスター発表 於)本校体育館  高校2年次サイエンス科「白堊研究Ⅱ」ポスター発表 於)本校白堊会館・特別棟  高校2年次普通科「総合的な探究の時間」口頭発表 於)本校2年次教室・選択D 【発表会の様子】 〇開会行事 〇SSH研究報告 〇インデクシング  「インデクシング」とは、午後のポスター発表に向けて、自分たちの研究発表を見に来ていただくため、研究内容を2分間にわかりやすく、簡単にまとめて発表するもの。高校2年次サイエンス科全員がステージで発表しました。 〇中学2学年「サイエンスリテラシー」ポスター発表(21テーマ) 〇高校2年次サイエンス科「白堊研究Ⅱ」ポスター発表(25テーマ)  15の分野(データ解析、力学、流体、流体・発電、音、気象、土木、宇宙、環境、高分子化学、分析化学、生活...
陸上競技部 ・陸上競技部・野球部合同トレーニング合宿  1月7・8日(土・日)陸上競技部と野球部で、「合同トレーニング合宿」を行いました!  2日間の厳しいトレーニングでしたが、互いに声をかけあって励まし合い、限界まで体を鍛えることができました!
野球部 ・陸上競技部・野球部合同トレーニング合宿  1月7・8日(土・日)陸上競技部と野球部で、「合同トレーニング合宿」を行いました!  2日間の厳しいトレーニングでしたが、互いに声をかけあって励まし合い、限界まで体を鍛えることができました!
ハンドボール部 ・インドア大会優勝!  令和6年1月27~28日に行われた令和5年度 県北・水戸地区ハンドボール インドア大会にて、本校ハンドボール部は優勝を果たしました!  初日のリーグ戦では3点差を逆転し、決勝戦では5点差をひっくり返しての大逆転。持ち前の粘り強さを発揮してくれました。  冬場のきついトレーニングの成果を出すことができて、生徒も満足そうでした。来季の大会に向けて、またコツコツと練習を積み重ねていきます。 ・2024.01.28_ハンドボール部インドア大会優勝.jpg
写真部 ・IBARAKIドリーム★パスAWARD 金賞受賞!  第5回プレゼンテーション大会IBARAKI「ドリーム★パスAWARD」  日時 2024年1月24日(水)  場所 茨城県庁講堂  主催 茨城県教育委員会  令和5年度IBARAKI ドリーム・パス事業 第5回プレゼンテーション大会IBARAKI「ドリーム★パスAWARD」が行われました。選ばれた戦略チーム16チームによるプレゼンテーションの結果、写真部 茨城県をプロデュース会の「茨 ひよりボーカルシンセサイザープロジェクト」が金賞に選ばれました。
生徒会 ・令和6年能登半島地震災害支援募金活動  1月26日(金)~30日(火)7:30~8:10 生徒昇降口  JRC部と生徒会で、令和6年能登半島地震災害による被災地の方々の生活を支援するための募金活動を行いました。  離れた場所にいても、被災者の方達を支援するために自分達で何かできることをしよう!という思いで始めた企画ですが、3日間で120人以上の生徒や先生方が募金に協力しました!  最終日の3日目は、附属中学校の生徒会も加わり、附属中生も募金に協力しました。  集まったお金は、日本赤十字社を通して、石川県、富山県、新潟県への寄付に配分される予定です。  令和6年能登半島地震により被害に遭われた皆さまへ、心からのお見舞いを申し上げます。そして、ご家族や大切な方々を亡くされた皆さまへ、謹んでお悔やみを申し上げます。  
JRC部 ・令和6年能登半島地震災害支援募金活動  1月26日(金)~30日(火)7:30~8:10 生徒昇降口  JRC部と生徒会で、令和6年能登半島地震災害による被災地の方々の生活を支援するための募金活動を行いました。  離れた場所にいても、被災者の方達を支援するために自分達で何かできることをしよう!という思いで始めた企画ですが、3日間で120人以上の生徒や先生方が募金に協力しました!  最終日の3日目は、附属中学校の生徒会も加わり、附属中生も募金に協力しました。  集まったお金は、日本赤十字社を通して、石川県、富山県、新潟県への寄付に配分される予定です。  令和6年能登半島地震により被害に遭われた皆さまへ、心からのお見舞いを申し上げます。そして、ご家族や大切な方々を亡くされた皆さまへ、謹んでお悔やみを申し上げます。  
書道部 ・令和5年度茨城県高等学校総合文化祭 書道部門 入選 ・今回初めての草書という書体の三行に挑戦し、字のバランスや特徴を掴むことを意識しながら納得のいく作品を仕上げることができました。(2年 佐藤 寧音) ・特に意識した点は、お手本をきちんと見るということです。条幅の紙に三行で書くということが初めてだったのですが、自分なりに成長できたと思うので、選んでいただけてとても嬉しかったです。(1年 稲垣 愛子) ・高貞碑の特徴に合うように文字の間隔や形を考えて書きました。(1年 松下 優奈) ・色々な学校の先生にご指導いただきながら書くことができました。結果として県展に選ばれ、とても嬉しいです。(1年 坂爪 絢香) ・試行錯誤を重ね良い作品にできました。今後の展覧会でも今回の学びを活かせるよう頑張ります(1年 小鍜治 七虹)
生徒会 ・PTA・生徒会役員懇談会  1月24日(水)「PTA・生徒会役員懇談会」が行われ、中学・高校それぞれの生徒会役員が参加しました。  本校生徒会役員にとって、『これからの日立一高』についてPTA役員の方々と意見を交わす、大変貴重な機会となりました!
白堊ニュース ・PTA・生徒会役員懇談会  1月24日(水)「PTA・生徒会役員懇談会」が行われ、中学・高校それぞれの生徒会役員が参加しました。  本校生徒会役員にとって、『これからの日立一高』についてPTA役員の方々と意見を交わす、大変貴重な機会となりました! 部活動・委員会>生徒会
白堊ニュース ・高校2年次 普通科修学旅行 (令和5年12月12~15日)  2年次普通科は、12月12日から15日において修学旅行を実施しました。コロナパンデミックの影響で、台湾海外旅行から国内旅行に切り替え、コースは広島から京都、神戸とめぐる3泊4日です。広島では平和記念公園・記念資料館で平和教育・研修を行い、京都大学見学、京都班別研修で京都を満喫、最終日のUSJ班別研修まで駆け抜ける濃密な3泊4日間を過ごしました。とても有意義な時間となりました。
SSHニュース ・第12回高校・高専気象観測機器コンテスト最終選考会  2023年12月16日(土)、第12回高校・高専気象観測機器コンテスト最終選考会が、南極観測船SHIRASE5002の船内を会場にして行われました。このコンテストは、9月までの1次選考、11月に2次選考があり、2次選考を通過すると最終選考会に出場できます。4人は、日立市の「きれいな空」を観測できる日を実況・予報するアプリの開発を提案し、1次選考を通過しました。そして、「きれいな空」をSNSからデータ収集をして定義したり、日立市天気相談所で天気予報の仕組みを勉強したりして研究を行いました。また、アプリ開発に必要なプログラミングなどのスキルも、一から自分たちで勉強して取得しました。  その結果、最終選考会に出場し、新人賞をいただくことができました。選考会終了後に、一部生徒は後夜祭にも参加し、他校の生徒や気象関係の専門家の方々と交流したり、南極観測船の中に宿泊したりと、貴重な体験をさせていただくことができました。  本研究を行うにあたり、日立市天気相談所の方々には、業務内容や天気予報の仕組みをご指導いただいたり、空の写真のデータを提供いただいたりなど...
地学部 ・第14回高校生の科学研究発表会@茨城大学  2024年1月6日(土)、第14回高校生の科学研究発表会@茨城大学が茨城大学水戸キャンパスで行われました。地学部からは2年次4名がポスター発表部門、1年次4名が口頭発表部門に出場しました。今年度の茨城大学の発表会は口頭発表が19件、ポスター発表が29件でした。1年次は、9月末のポスター発表、12月の口頭発表と経験を重ね、今回は前2回より、スムーズに発表ができたようです。また、2年次は9月、12月と審査員の先生方からいただいたアドバイスを生かして、発展させた研究発表を行うことができました。その結果、2年次はポスター発表部門で優秀発表賞をいただくことができました。
剣道部 紹介(令和5年度) <部員数>  1年生4名(女子3名・男子1名)  2年生4名(女子2名・男子2名)  3年生9名(女子6名・男子3名) <活動日・場所>  週5日(平日4日、土曜)  体育館1F武道場 <年間活動計画>  4月 県北春季大会  5月 関東大会予選  6月 全国大会予選  7月 審判講習会  10月 県北秋季大会  11月 勝ち抜き大会 日立市民剣道大会  1月 新人大会(選抜予選大会) <主な成績・活動> ○令和5年度 ・県北地区大会   女子団体2位   男子個人3位   女子個人3位 ・日立市民大会   女子個人3位 ・県北地区秋季大会   女子個人5位 2名   ・活動報告(令和5年度) 日立市民剣道大会で村上心咲選手が第3位に入賞しました。 スロバキアからの留学生マルティン君が剣道部に入部しました。 3年生部員の息はピッタリです! 夏は納涼会、冬は稽古納め後の納会。みんなで味わう達成感。
吹奏楽部 ・アンサンブルコンテスト  11月11日(土)に常陸太田市パルティホールにて茨城県アンサンブルコンテスト県北地区大会が行われました。  本校からは金管七重奏、フルート三重奏、打楽器五重奏の3チームが部の代表として出場しました。結果は3チームとも優秀賞を受賞し、フルート三重奏と打楽器五重奏は県北地区代表として茨城県大会への推薦をいただきました。  そして、12月22日(金)に牛久市中央生涯学習センターにて茨城県アンサンブルコンテストが行われ、代表となった2チームが出場してきました。結果は両チームとも銀賞と満足のいく結果とはなりませんでした。今回の結果をしっかりと受け止め、これからに活かしていきたいと思います。  応援してくださった皆様、ありがとうございました!  
医進ニュース ・メディカルセミナー「法医学研修会」  メディカルセミナー「法医学研修会」では、本校OBである東海大学医学部基盤診療学系法医学 助教 磯崎 翔太郎 氏による法医学の講義を頂きました。磯崎先生は東京都監察医務院 観察医も兼務しており、お忙しい中来校して頂けました。  これまでのメディカルセミナーは臨床の内容がほとんどでしたが、今回のメディカルセミナーでは日本で働いている30万人のうち150人しかいない法医解剖医の貴重なお話を聞くことができました。  参加した生徒からは、「医者になりたいからとにかく臨床に行こうではなく、多数の選択肢を持った上で自分が成りたいものに進むことが大切であることの重要さを身をもって感じられた」、「法医学医とう存在が身近に感じられ、その姿がかっこよく思えました」、「法医学ならではのやりがいを発見できた」、「今回の講演で選択の幅が広くなりました」など多くの刺激を受けたようです。さらに生徒からは、「生きている人を救うことができるのは臨床医だとしたら、亡くなった人の家族を救うことができるのが法医学医である」という感想をもらえました。改めて、メディカルセミナーの目的以...
白堊ニュース ・サイエンス科研修旅行 (令和5年12月12~15日) 1日目 東大探訪、English Field Work in ASAKUSA&ODAIBA  本校卒業生2名を含めた6名の東大生をファシリテーターとしたグループ研修を実施しました。生徒たちは現役東大生との交流ということでとても活発に質問しながら探訪しました。最高学府への進学のモチベーションの向上と言う意味でも良い研修でした。その後の、外国人16名によるフィールドウォークは小人数のグループ編成であったこともあり、英語を使ったコミュニケーションが身近に感じることができたようです。 2日目 羽田空港からのフライト、琉大探訪  琉大探訪では、「地球温暖化によるサンゴの白化」琉球大学理学部准教授 中村 崇 氏による講演および、学生ガイドによる琉大キャンパスツアーを実施しました。講演も分かりやすくしてくれたようで、生徒たちからも活発に質問が出ていました。キャンパスツアーでは琉大の歴史や博物館を案内してくれました。広大な敷地を回り、沖縄ならではの植物や景色を楽しめました。沖縄は東京に比べとても暑かった。 3日目 OIST探訪、English Rogaining in KOZA  OISTでは、大進化ユニッ...
化学部 ・第34回日本化学会関東支部 茨城地区研究交流会  日時 2023年12月21日(木)09:45~16:15  場所 日立シビックセンター(茨城県日立市幸町 1-21-1)  主催 日本化学会関東支部  第34回日本化学会関東支部 茨城地区研究交流会に本校化学部の2グループが参加しました。参加者は大学生や大学院生がほとんどでした。見事、優秀賞5件の中に本校の2グループが選ばれました。  研究タイトル  A14 原子の形に関する理論的考察 榎本 慧、野内 陽向、山口 悟  A15 フルクトースにおける理論的考察 櫻井 友菜、芹沢 咲紀、関根 由乃
吹奏楽部 ・「赤ブレ」クリスマスコンサート  12月20日(水)、放課後と夜の二部構成で、中庭にてクリスマスコンサートを行いました。  クリスマスならではのお馴染みの曲や、今年流行した曲。野球応援などで本校吹奏楽部十八番の定番曲などを披露しました。  なお、今回は2部構成で行いました。放課後の第1部では、下校前の本校生や一般のお客さん。夜の第2部では、部活動が終わった野球部員なども聴きに来て下さり、楽しくコンサートを開催できました。  また、照明機材の設置などで協力して頂けた皆さんにも感謝します。ありがとうございました。
白堊ニュース ・エコノミクス甲子園 本校チームが準優勝  令和5年12月17日に行われた第18回全国高校生金融経済クイズ選手権「エコノミクス甲子園」茨城大会において、本校一年生チーム、『エウレカ』(遠藤 陽奈、増田 絢斗)が準優勝に輝きました。  二人は学習テキストを元に対策ノートを作成し、二ヶ月ほど前から勉強に励んできました。授業の合間や部活の始まる前などのすき間時間を活用して金融・経済関係の用語集を読み込み、お互いに問題を出し合うなどしてきました。  増田さんは株式・経済を、遠藤さんは保険の分野を得意としており、本番はそれぞれの強みを活かし、苦手分野は補い合いながら、楽しんで問題に挑むことができたということです。  「参加校がもっと増え、大会が活発になることを期待している」と増田さん。  「今回の経験を活かし、次はさらによい成績を狙いたい」と遠藤さん。  来年も挑戦する意欲充分な二人。今後も幅広く、さまざまなことにチャレンジしていってくれることと思います。
吹奏楽部 ・「赤ブレ」クリスマスコンサート(お知らせ)  12月20日(水)に吹奏楽部によるクリスマスコンサートがあります!  一般のお客さまも第1部はご覧になることが出来ます。とても寒いと思いますので、暖かい格好をしてぜひお越しください!  日時:12月20日(水)     第1部…16:30~     第2部…18:30~  場所:本校中庭  曲目:Xmas Swingin' コレクション アイドル 野球応援 ほか  ※雨天時中止  
高大連携事業 ・令和5年度 茨城キリスト教大学「英語総合講座」  令和5年の英語講座が終了いたしました。  前期(4月19日~7月21日)は22名の1年次生、後期(9月27日~12月1日)は17名の1,2年次生が参加しました。前期の参加者は、国際的な視野を身につけようと、積極的に英語コミュニケーションのスキル習得に励んでいました。後期の参加者は、10月に予定されていたカナダ海外研修に向けたスキルアップを目標として様々な場面を意識し、真剣に参加していました。年々参加者は増えています。一人でも多くの生徒が机上での英語の学びだけでなく、ネイティブとの対話やプレゼンテーションなどの「現場」を意識した経験をたくさん積んで欲しいと思っています。  
軽音楽部 ・中庭コンサート  12月7日(木)の昼休みに中庭で「軽音楽部 中庭コンサート」を行いました。      再来週には、クリスマスコンサートを行います。  ・軽音楽部 クリスマスコンサート   日時 12/19(火)、21(木) 放課後   場所 視聴覚室